2013年7月11日木曜日

PIC C18 メモ(LCD 行のスクロール)

-----------------------------
LCD 表示の縦スクロール
-----------------------------
【条件】
  • 20文字x4行の LCD の下3行を縦スクロールする
  • 下図のようなイメージ
  • 測定項目名と、測定値(簡略化した例)

【二案】
  1. 方法1
    • LCD表示イメージで保存して、スクロールは、そのまま再表示するだけ
    • 一文字ずつ表示する時にメモリへも書き込む
    • 消費メモリが表示文字数分必要で、元々文字列データ部分が二重になって無駄
    • ただし、LCDのメモリが使えれば、無駄はない(読み込み時間がかかるかも)
  2. 方法2
    • 測定値は、原データで保存して、表示の都度表示用文字列に変換する
    • 表示の為の前回、前々回の測定値を残すメモリがあればいい
    • 変換処理時間分増える
どちらの方法を採るかは、表示文字に変換するまでの処理時間とメモリの手当。
  • 方法2を採用した
  • LCDの書込み待ち時間が長いので、都度計算してもトータルでは大差ない
  • ループカウンタが要る
  • メモリ読み出し順を変えることで、表示文字が上の行へ移動する
【手順】
  • 一発目は、画面をクリアして最下行へ書き込む
  • 次から、測定開始にて上行へ書き換えてスクロール
  • 予め表示する項目(測定項目名)の書き込み
  • 測定完了後表示する項目(測定値と判定結果)の書き込み
2010.04 - 2013.07.12