2013年8月15日木曜日

PIC C18 メモ(PIC18F に FAT)

-----------------------------
PIC18F に FAT を組み込むこと調べてみた
-----------------------------
PIC C18 メモ(USBメモリとして使う)の続き。(参考にしたものは特にありません)

【まずサンプルのままコンパイルしてみる】
  • \Microchip Solutions\MDD File System-SD Card を自分のプロジェクトにコピー
  • PIC18Fを選択なので
    MDDFS-SD-PIC18.mcp
    MDDFS-SD-PIC18.mcw
  • PIC18Fのフォルダの中身をルートに展開
  • 品種設定を[ 18f87j50 ] にあわせた
  • コンパイル時のエラー対処のためルート設定を自分の環境に合わせて修正(二箇所、ディレクトリ名を入力)
  • BUILD SUCCEEDED ROM:35165,RAM:2354,SUM:0xc0b2
    というとてつもない結果になった
  • FSconfig.h で条件設定してあるので、絞ってみた
    //#define SUPPORT_FAT32
    少しROM使用量が減った
2010.01.22
【PIC18F26J50へ】

  • [ 18f87j50.lkr ] を、新たに作成した[ 18f26j50_ksSD.lkr ] に内容はそのままコピー
  • [ HardwareProfile.h ] を新規作成
  • (新しい名前にすると他のファイル内のinclude xx の修正が発生するので、元のファイルは名前を変えた)
  • 18f87j50 は 80ピン製品
  • PIC18F 28ピンの場合のサンプルを探して( \PIC18F Starter Kit 1 のフォルダにあった)違う部分を見比べて割り付けが違うところを貼り付けた
  • メインのxx.c プログラムの修正個所
    #prgma config が3ヶ所修正。・・コンパイルエラーに対応しただけ
  • BUILD SUCCEEDED ROM:34221,RAM:2354,SUM:0x9fae
  • 18F26j50 は、ROM 64kB
  • 品種を変え、修正したのは、リンカスクリプトとハード設定、メイン(config)の3つのファイルだけで適切なサンプルアプリを選んで見比べ、コンパイルしたエラーを解決すれば意外とすんなりいくのかも

どちらもコンパイルまでで、実施していない。
2010.01.27


ここは、再検証していない。大きなROM容量が要求されるので、PIC24Fに上げたらとか、PICを2個使うとか、組み込み済品を採用するとか、選択肢が増え「比較一覧表」が残っていた。
2013.08.16