2013年9月25日水曜日

回転ヤスリ

板厚 5mm の透明アクリルで作った側板にテストジャックの取付ナットが当たる!今更箱を大きく作り変えるなんて無理。
そこで、だめもとで、削ることにした。
まず、1.6mm 径のトリマービットでやってみた。すごく時間がかかりそうに思えたのですぐに諦め、「回転やすり」でやってみることにした。
これは、これまでハンドドリルドライバーにつけてバリ取りに使ったことがあるくらいで、買ってはみたもののあまり出番がなかった。
デスクドリルに装着してワークを慎重に動かすと、すいすい削れた。
切れ味が悪いという印象だったが、やすりなんだから、「切れ」すぎては困る。「削る」という点ではちゃんと機能してると感心した。

2013年9月7日土曜日

コネクタの角穴加工(樹脂ケース)

プロクソン マイクロクロステーブルトリマービットを使った角穴の穴明けの二回目。今回は、アンフェノール50ピンコネクタ用の穴をタカチのABS樹脂製ケースの側面に二つ明ける。
一つ目の出来は、
  • 平行がちゃんと出ておらず、端で 0.5mmくらいケガキ線とずれ
  • 手で押さえていたため、箱が変形して直線がでていない辺がでた
  • 紙テープのくずのせいで切り口がきれいにないので、ヤスリで仕上げた
  • 耐水ペーパーで仕上げた
二つ目は、L型冶具を作り、固定方法を工夫した

  • 2mmのドリルで穴明けした
  • 穴の数が1.5倍になって大変時間がかかる
  • トリマービットで仕上げる前に、紙テープは取り去った
  • ドリル作業は時間はかかったが、トリマビットの作業は削る部分が減ってスムーズに
  • 軽くヤスリで仕上げて終了
改めて、ワークの固定は手を抜いてはいけない事を知る。