2014年4月23日水曜日

TDS3012 (オシロスコープ)LCDの故障


【TDS3012 Tektronix 製、1999年購入。のトラブル】
久しぶりにオシロスコープの電源を入れたら、画像が乱れる(水平同期がとれない感じ)。同じ現象は、2,3ヶ月前にも見たが、その時は電源を入れ直したらよくなった。
しばらくおいて再度電源を入れたら、さらにひどくなって全く画面が崩れてしまった。
同じ故障で、5,6年前分解したことがあったが、ケースのばらし方(ハンドルの外し方)の記録が残っていなかったので、今回は写真を撮って記録した。
①裏側に一ヶ所あるトルクスネジと、拡張モジュール部のフタを外す
②ハンドルのキャップを外し、さらに トルクスネジを外す
回り止めピンをラジオペンチで抜く
④ハンドルを軽く外へ抜くように力を加えながら、六角ナットを左へ廻す


内部のアルミ側板とカバーをサンドイッチしてあり、ハンドルを外せればあとは簡単(前回はここまでに時間がかかった)
⑥カバーは、かみ合わせのツメ等は無いが、FDDがはさみこんであるので慎重に分離する
今回は、LCDとの接続ケーブルコネクタの横の電解コンを押したら、直ってしまった。前回と同様、コネクタの接触不良と思われる。コネクタの清掃、内部のほこりを掃除をして完了。
購入して15年経過するも、2582時間しか使っていない。内部は思ったよりずっときれい(前回ばらしたときも掃除した)だった。
LCDのバックライト(冷陰極管)の寿命が1万時間としても、まだあと10年は使えそう。
発売されたばかりの頃、40万円弱で購入したが、「4CH(当時66万)だったら・・」と思わされる場面に何度も出くわした。
KeyWord=,TDS3012,Tektronix,テクトロニクス,LCD,ハンドルの外し方,同期が取れない,画像が乱れる

2014年4月18日金曜日

unitemovie, Bad Parameter 顛末記


以下は、「暗号化されたファイル」に続く二つ目の落とし穴に落ちた話。

動画結合ソフト、"unitemovie" を使っており、Windows7をクリーンインストールした後、再度ダウンロードしてインストールした。ところが、"Bad Parameter" のメッセージを返して動画ファイルを結合できない。すぐに思いつくのは、コーデックが足りてない事。

原因は、「結合」する前に「分割」に使っていたソフトの、"XMedia Recode の最新版 3.1.8.5"の不調。OSを入れ換える前のバージョン"3.1.7.4"なら問題無し。


一日目
  1. "XMedia Recode"は、既に最新版をインストール済みの状態
  2. "UniteMovie v2.11"をダウンロード
  3. ただ作者のページにある、「必要ソフト」の一つ"VirtualDubMod の必須DLLの詰め合わせ"のほうが見当たらなので、"VirtualDubMod_1_5_10_2_All_inclusive.zip"を入手して使ってみる
  4. コーデックパック"CCCP (Combined Community Codec Pack)"もインストールしてみるがNG
"unitemovie" にこだわる必要は無いと思い始め、他のフリーソフトを試す
  1. "Windows Essentials 2012" から
    フォトギャラリー、ムービーメーカーを選択してインストールした
    加工、トリミング、結合は出来るが、コピー機能が無い
    変換する場合、画面サイズやビットレートを細かく指定できない
  2. "Java MP4Box Gui"・・・未確認
    多分これも"MP4Box.exe"に渡すので同じ結果になったはず
次の日、もう一回 "unitemovie" へ戻って試してみる事にした
  1. Xpマシンに戻して、"unitemovie"フォルダの中のdllを見比べてみる
    セキュリティ設定が残っていて、違うアカウントからは簡単に一括コピー出来ないので画面コピーだけとって見比べると、足りないファイルがある
  2. 作者のページにある通りの、"VirtualDubMod の必須DLL"を提供してくれているブログを見つけ、ダウンロードしてみる・・・NG
  3. 私の為ではと思えるような、"unitemovie完全版"(必要なファイルがパックされている)を提供しているサイトを見つけ、ダウンロードしてみる・・・NG
  4. 過去のファイルの結合ならOKだと分かり、"unitemovie"はおかしく無いと思い始める
  5. "cutmovie"で切り出したファイルもOK
  6. このテストにずっと使っていたファイルの切り出しに使用した"XMedia Recode"をクリーンインストール前のバージョン"3.1.7.4"(2013年12月DL)に戻したらOK
半年くらい前も、"XMedia Recode"のバージョンアップ後不調で、ひとつ前のバージョンへ戻したことがあった。このソフトは過去のバージョンを保存しておく必要がある。

2014年4月15日火曜日

溶けて消えた銅パターン

頼まれて、故障して何年も放ってあった電子オルガン(カワイ DX-810,80年代の製品と思われる)を調べていたら、一番奥に電池の載ったコンピュータ基板を見つけた。基板は立てて実装してあった。
基板を抜くと、電池の液漏れを発見。電池電圧も当然のように低下している。

基板を洗浄して、電池無しで動かしてみたら、症状が変わっただけでまともに動かず鍵盤はどれも効かない。
電池を取り付ける前に、電池の極性を確認しようとしてブザーで当たるとプラス側もマイナス側も、導通を見つけられず、レジストをはがしてみると、銅パターンが溶けて無い。ハンダの盛られたランドは残っている。

ICを外した上で、交換など必要。それで動くかも分からない。これ以上深入りしたくないので修理不可だ。

昨日まで動いていたようなモノなら、一ヶ所不具合点を見つければ元に戻るんだが。

2014年4月12日土曜日

「暗号化されたファイル」の意味を知る

以下は、WIndows7 DSP版への移行作業の最後に、外付けハードディスク内に貯めたコレクションの3/4を失うという失敗談。

訳があって二つのアカウントで使用。サブのアカウントを使い、外部USB接続のHDDをセキュリティで保護した上に、フォルダを暗号化して使用していた。同一のパソコンで、アカウントを切り替える手間はあるが、相互にほぼ無関係なのであまり不便なく使っていた。
  1. メインアカウント側の移行準備が終わった後、サブ側のアカウントを削除
    (この時、データのエクスポートはしないまま)
  2. Windows7から前と同じサブアカウント名、パスワードを登録してもフォルダが開けない
  3. 所有権を獲得して、フォルダを開くことはできるが、ファイルは開けない
  4. Xpの入った元のHDDを接続しアカウントを再作成しても、もうファイルは開けない
  5. 暗号化の指定のないフォルダに残っていたファイルは、開く、移動、コピー可
  6. 暗号化されたファイルは、ファイル名の変更、同じドライブ内のフォルダ間の移動は可
ネットで調べるも、シロウトが簡単に解除できたら「暗号化の意味が無い」となる。
サブ側のアカウントを削除してしまったことが最大の失敗か・・・
  • HDDはそのまま残っているので、サブアカウントが復活できれば証明書を発行できるのでは
  • ツールを手に入れれば、データを探し出して回復する手段は残っているようだ
  • 証明書無しの解読は不可能だ
暗号化してあることをちゃんと意識していれば・・・
  • 「アカウント名とそのパスワードを覚えていればいい」程度の認識で使い始めていた・・・
  • サブアカウントを削除した時点でダメ
  • 暗号化設定した時に、「証明書発行」をしておけばこんな事には・・・
  • 「暗号化の解除」をしてから、コピーしておけば無問題
頭を冷やして、考え直すと
  • 今度は、3年前HDDの故障で全て失った時とは別の感情が
  • 持て余し気味だったので、大胆な整理ができたと
  • 全てを戻す必要性はない
  • 集めることが仕事化していた
  • 「ファイルの暗号化」の使い方がよく分った
分かったところで、Windows 7 Home Premium では「ファイルの暗号化はできません」というオチが付いてました。(笑)

2014年4月11日金曜日

UPS BX25XT 死ぬ

4月11日、「カチッ」というリレー動作音とともに、突然パソコンの電源が切れてしまった。ピーピーと長いブザー音の繰り返し。(被害は、使用中のExcelが10分くらい前の作業内容に戻る)
  • 「バッテリ交換」の警報から3ヶ月経過
  • 9日前にリセット(4週間隔でチェック動作する)
  • 2008年に取り換えてから丸6年経過(3年ごとの交換を推奨している)
  • 負荷30Wのファンを接続してコンセントを抜くと、1秒も持たない
  • 無負荷だと何も起こらない
  • 瞬時負荷電流でも落ちるので、コンセントとして使うのも危険
「ギリギリまで働いてくれた」と感謝。すぐにアマゾンでバッテリーを手配し、翌日午後に届いた。

2014年4月9日水曜日

Office2010 Home & Student を再インストール

Windows7のクリーンインストールの後、安さにつられて購入した中文版; Office 2010  Home & Studentを再度インストールした。
  1. Office2010の試用版はダウンロードできなくなっていた
  2. 購入してあった Office 2010 Home & Student を DVD からインストール
  3. 保存してあった日本語化用の X16-37718.exe をインストール
  4. 生成されたコードは前回と違ってた(前回はExcelのみ)が、電話認証は無事OK
使ってすぐ気が付いたのは、エクスプローラーでフォルダを開いたときのファイルリストの「ファイルの種類」欄に、中国語が表示されてしまう。

EPSON ST110 の延命策(Windows7 DSP版)

Xpの問題で、デスクトップパソコンEPSON ST110 は、「ネット利用しない」というわけにはいかない。DynaBookを昨年買ったばかりなので、パソコンを買い換えるのも・・・。
で、もうしばらく使うための延命策。
  • WindowsXPからWindows7へアップグレードする
  • 最小限の費用で済ませたいので、DSP版を購入する
  • ST110は購入から6年経ったのでハードディスクも新品と交換する
    (敢えてOffice2003 + Xpの組み合わせで、購入したと思う)
  • ゴミが溜まっているので、クリーンインストールする
アマゾンで、「HDDの梱包の仕方」の投稿をみて、躊躇。他を探していたらWindows7も安価なお店を見つけたので、HDDと一緒に注文(計17千円)した。ソフトは在庫切れだったので一週間近く待った。

【移行手順】
  1. 移行後にも使うプログラムのリストアップ
    Windows7へ非対応の古いソフトがいくつもある(Acrobat8, 機械CAD, 回路図ソフト)
  2. Cドライブの半分以上のフォルダがゴミだ
  3. データのバックアップをUSBメモリへ(本来のデータバックアップディスクと別に)
  4. IME 辞書のエクスポート
  5. BIOSのアップデート
  6. HDDの入れ換えはネジ3本+HDD4本で、簡単だった
  7. Windows7 DSP版を CDからインストール
  8. ドライブオプションでパーティションを二つに
  9. プロダクトキーの入力画面まで20分近くかかった
  10. エクスプローラを開いてドライブを確かめると、Dドライブをフォーマットするか聞かれた
  11. ネットワーク(有線LAN)ケーブルを接続
  12. Windows更新プログラムの適用(自動)が始まる、再起動を求められる
  13. この後、セキュリティソフト、GoogleChrome、DropBox等のインストール
  14. 積もった更新プログラム(147個)の適用が始まり、「電源を切らないでください」により手が出せず、2時間位待つ
  15. 一夜明けて、ドライバのインストールをしていないことを思い出し、実行
  16. 更に、更新プログラム(42個)の適用が始まる
  17. 時間はかかったが、無事に使える状態になったみたい
  18. Office2010中文版のインストール
  19. この後も、更新プログラムの「コンピュータの電源を切らないでください」が2回
Windows7になって、ネットのダウンロード速度が10倍以上速くなった。これまでの通信設定が何かまずかったのではないだろうか。
HDD(東芝製)も新しくなったせいか、前のモノより書き込み速度が速い感じ。静かさもあまり変わらない。

これまで、小さい失敗を何度もしているが、訳の分からないフォルダやプログラムが残っているのがイヤなので、クリーンインストールしたくなってしまう。

2014年4月6日日曜日

ガラケーからガラケーへ

昨年機種変更を試みたが失敗。一年たって、やっぱり機種変更することにした。CA004(左写真、6年使った)がフィリピンで使えない事が一番の理由。

月々の費用が掛かるのでで、スマホにはしない。
新品でグローバルパスポートCDMA,GSM両方に対応しているのは、京セラの MARVERA 一択である。au オンラインショップで購入。

CA004より少し薄くて軽い。使った感じ、「持ちにくい」「開きにくい!」「ワンセグの感度が低い」