2014年4月9日水曜日

EPSON ST110 の延命策(Windows7 DSP版)

Xpの問題で、デスクトップパソコンEPSON ST110 は、「ネット利用しない」というわけにはいかない。DynaBookを昨年買ったばかりなので、パソコンを買い換えるのも・・・。
で、もうしばらく使うための延命策。
  • WindowsXPからWindows7へアップグレードする
  • 最小限の費用で済ませたいので、DSP版を購入する
  • ST110は購入から6年経ったのでハードディスクも新品と交換する
    (敢えてOffice2003 + Xpの組み合わせで、購入したと思う)
  • ゴミが溜まっているので、クリーンインストールする
アマゾンで、「HDDの梱包の仕方」の投稿をみて、躊躇。他を探していたらWindows7も安価なお店を見つけたので、HDDと一緒に注文(計17千円)した。ソフトは在庫切れだったので一週間近く待った。

【移行手順】
  1. 移行後にも使うプログラムのリストアップ
    Windows7へ非対応の古いソフトがいくつもある(Acrobat8, 機械CAD, 回路図ソフト)
  2. Cドライブの半分以上のフォルダがゴミだ
  3. データのバックアップをUSBメモリへ(本来のデータバックアップディスクと別に)
  4. IME 辞書のエクスポート
  5. BIOSのアップデート
  6. HDDの入れ換えはネジ3本+HDD4本で、簡単だった
  7. Windows7 DSP版を CDからインストール
  8. ドライブオプションでパーティションを二つに
  9. プロダクトキーの入力画面まで20分近くかかった
  10. エクスプローラを開いてドライブを確かめると、Dドライブをフォーマットするか聞かれた
  11. ネットワーク(有線LAN)ケーブルを接続
  12. Windows更新プログラムの適用(自動)が始まる、再起動を求められる
  13. この後、セキュリティソフト、GoogleChrome、DropBox等のインストール
  14. 積もった更新プログラム(147個)の適用が始まり、「電源を切らないでください」により手が出せず、2時間位待つ
  15. 一夜明けて、ドライバのインストールをしていないことを思い出し、実行
  16. 更に、更新プログラム(42個)の適用が始まる
  17. 時間はかかったが、無事に使える状態になったみたい
  18. Office2010中文版のインストール
  19. この後も、更新プログラムの「コンピュータの電源を切らないでください」が2回
Windows7になって、ネットのダウンロード速度が10倍以上速くなった。これまでの通信設定が何かまずかったのではないだろうか。
HDD(東芝製)も新しくなったせいか、前のモノより書き込み速度が速い感じ。静かさもあまり変わらない。

これまで、小さい失敗を何度もしているが、訳の分からないフォルダやプログラムが残っているのがイヤなので、クリーンインストールしたくなってしまう。