2014年5月13日火曜日

OS(Windows8 PIPC版)アップグレード、今年3.5回目


  1. Dynabook R632 Windows8 -> Windows8.1 無料アップデート
  2. EPSON ST110 WindowsXp -> Windows7 DSP版
  3. Dynabook B654/K Windows7(ダウングレード版で購入), Office2013立ち上げ
  4. 3 の PCを Windows7 -> Windows8(64bit) さらに->8.1へ, Office2013立ち上げとOffice2013(PIPC版)のインストール

以下は [4.] の件で、リカバリディスクを使って Windows8 64bit  版にするところからのメモ。

  1. PCに添付されていたDVDからリカバリを実行(クリーンインストール)
  2. Windowsアップデート実行(Windowsアップデートの自動更新以外はすべてのオプションをオフ)
  3. Microsoftアカウントを入力しメールで送られてきたコードを入力し使用可に
  4. Microsoftアカウントにログインアカウントが書き換わったので、「ローカルアカウントに切り替える」を選択し、Windows8のインストール時点の名前に戻った
  5. 「ストア」から Windows8 から8.1 への無料アップデートを実行
  6. Officeのプレインストール版(PIPC)製品インストールからOffice2013をインストール
  7. 最初にプロダクトキーの入力が必要(ここでもWindowsアップデートの自動更新以外はすべてのオプションをオフ)
  8. ここでもMicrosoftアカウントが必要
  9. 上と違ってOfficeのユーザー名は書き換わらず 4のまま
  10. VBAのバージョン確認 Retail 7.1.1043
  11. 何もしなかったので、Office2013 32bit 版のままとなってしまった