2014年6月2日月曜日

灯油ボイラの内部から水漏れ

裏庭にある灯油ボイラの内部から水漏れしているのを朝発見。水道屋さんが来るまでの間に、カバーを開けてみたら、「お湯」の出口のパイプの根元から水が噴き出している。

水道屋さん(同級生)と一緒に分解した。フランジの根元に穴が開いていた。18年くらい前設置したものなので、すぐに部品は手に入らないだろう、となって応急処置を勧められた。
水道屋さんが帰った後、ハンダを載せる前に、軽くやすりがけしたら、穴は3つに増えた。パイプの肉厚が薄すぎる。
1回目は、穴の周辺だけはんだを流したが、取り付け後ガタが生じてNG。全周にはんだを流してから再取り付けし、OK。
結局、ばらした屋外部分のパッキンが痛んでいて、そこから水漏れ。ホームセンターに買いに走った。
ハンダは、ヒートガンで温めながらはんだごてを使って写真のように全体に流した。