2015年6月17日水曜日

PIC18F4553 USB対応マイコンボードを使ってみた

【MPLABを使った使用例2を試す】
本来の目的だった、購入した秋月電子の PIC18F4553 仕様USB対応マイコンボード[AE-USBPIC44]をパソコンからUSBで使う、を試した。
「MPLABを使った使用例1」が済んだ後、MPLAB X-IDE 導入の大きな回り道をしてしまったが
「MPLABを使った使用例2」の方は説明書に従い、一部異なる部分があったが、書き込みまでは難無く終わってしまった。
ただし、データ通信用のマイクロUSB-Bケーブルが届くまで待つことになったが。

【CDC Basis Demo の書き込み/MPLAB X-IDE v3.00】
  1. microchip_solutions_v2013-02-15 -> USB -> Device - CDC - Basic Demo -> Firmware
    の中から
    USB Device - CDC - Basic Demo -  C18 - PICDEM FSUSB.mcp
    をインポート(C18で)した
  2. Project Properties から
    PIC18F4550 -> PIC18F4553 に変更
    Compiler は C18
  3. ここまででは、ビルド成功しないので、以下は秋月の説明書に従う
  4. main.c の書き換えは、秋月の説明書と少し様子が違ったが
  5. void UserInit(void)に以下の接続ピンの定義を追加
        TRISEbits.TRISE0=1; //aki
        TRISEbits.TRISE1=1; //aki
        TRISEbits.TRISE2=0; //aki
        #define aki_sw1 PORTEbits.RE0 //aki
        #define aki_sw2 PORTEbits.RE1 //aki
        #define aki_LED PORTEbits.RE2 //aki
  6. void ProcessIO(void)に以下のスイッチとLEDオンオフ部分を追加
        if(aki_sw1 == 0)
    .............................
            aki_LED = 1;
        }
        else
        {
    >         stringPrinted = FALSE;
            aki_LED = 0;
        }
  7. インポートして書き込むHardwareProfile.hを指示通り変更
  8. リンカーの書き換えC:\Program Files (x86)\Microchip\MPLABX\v3.00\mpasmx\LKRから18f4553_g.lkrを追加してrm18f4550 - HID Bootload.lkrはリムーブする
  9. ここでビルド成功する
  10. 基板のJpをUSBバスパワーに切り替えてICD3を接続、書き込み成功

【PC側は】
C:\microchip_solutions_v2013-02-15\USB\Device - CDC - Basic Demo
\PC Software Example\VCsharp 2005\BasicCommunication\Csharp Simple CDC Demo\obj
\DebugCsharp Simple CDC Demo.exe を実行する

【PCとつないでみた】(2015/6/20)
  • USBケーブルを挿すとPC側は自動的にドライバがインストールされた
  • Csharp Simple CDC Demo.exe を起動
  • com ポートは 3 が表示された
  • connect ボタンを押すと、Connected と PC側に表示
  • 基板の sw2 を押すと、PC側に Botton Pressed と表示
  • PC側から 123 と 入力してSend Data ボタンを押すと 234 と返してくる
以上で動作確認終了。