2016年5月17日火曜日

CAD Eagle5 久しぶり

 久しぶりに基板を作ることになった。
最新バージョンが 7.5 になっていたが、100 x 80 を超えるサイズになることもあって、今のまま 5.11 を使用することにした。(問題なく使えた)

2, 3日使ったら、回路図もアートワークもそこそこスムースに使えるように戻った。忘れていた細かい機能をもあったが、このブログを読み返して復習したので、手も足も出ない感じはしなかった。

【発注】
  • まとめて回路設計、ほぼ同時に三枚アートワークを終えたので、3種3面で発注した
  • 予定した金額を下回り、節約できた(一枚3万円で見積もっていた)まとめたほうがお得
  • Eagleで細切れにして面付けすれば大きな規模のモノも工夫次第で出来るということ
【出来映え】
  • 予定通りに届いた
  • きれいに3分割されていて、Vカットにしなくて良かった
  • 業者チェックで、シルクかぶりを数ヶ所指摘されたが、再チェックを面倒がってせず、GOを出して失敗(認知していた個所以外にマズい個所があった)
  • つながっていないパターンがあった
    回路図上、同じ電源記号でも、ネットがつながっていない(コピペして使わなかったせい)
    (外注していた頃は必ずやっていたネットリストのチェックをしなかったから)

画像は、基板の部品面、あえてベタ面を作らないようにした