2017年3月27日月曜日

DENON TU-500 FMチューナー1974年製


1974年製DENON TU-500 FMチューナーの修理を委託された。早速ネットで調べて、英文のメンテナンスマニュアルを購入した。

【不具合現象】

  • ポップ音、ミュートが頻繁に動作して聴ける状態に無い(ミュートリレーが頻繁に動作する)
  • 音はひずんだ感じ
  • 左右のバランス(VUメータの振れ)が悪くレベル変動も
【ミュート回路を殺す】
波形を追うとFM復調用IC周辺とミュート回路がおかしい(不具合の現象通り)。フレームは外せたが、各ユニット基板同士を接続する直付け基板の半田付けを外さないと、基板を裏返すこともできず、これ以上ばらすのはおおごとになる。
考えると、故障では無くてFM復調関係の「調整のずれ」かもしれないが、信号発生器が無いので確認できない。
ここで途中経過を報告。

【様子見と準備】
  • 室温が高い日は、不具合現象が軽減される
  • FMトランスミッター(カーステレオ用)を購入
【調整】
  1. FMトランスミッターが正しく動くことを確認
  2. 1kHzテストトーンを、3分間のものを作成
  3. Google Driveにアップしてスマホで再生 → Bluetooth → FMトランスミッター → FMチューナーへ 飛ばす
  4. FMトランスミッターを 80.0MHzにして、0dB トーンの音量調節
  5. ローカル調整
    Sメーターを見ながらダイヤル目盛りに合うように、ローカルと思われるコアを調整
  6. 0.1MHz位ずれていた地元FM局 76.6MHz がほぼ合うようになった
  7. ディスクリ調整
    ディスクリコイルをセンタになるように調整
  8. バランス調整
    LRのバランスを再調整(ミュート回路を調べた時にR側をいじったため)
  9. FIXED OUTPUT の左右レベルが2,3dB 合っていない(不明)が VARIABLE OUTPUT は揃っている
  10. ステレオの場合、プツプツ音が時々入る
    リレーを使用した音声ミュートとは別のミュート回路がFM復調用ICへ入っていて、感度調整?ボリウムを回したらプツプツ音は消えた(反対に回すとミュートする)
【調整後気づいた点・未解決点】
  • ステレオの場合、L側のトーン波形がノイジー
  • 無音時、ボリウムマックスではLRとも同じくらいに聞こえるが、モノラルにすると聞こえないレベルになる・・・FM復調用ICの部分が怪しい?
  • ミュート回路の不調・・・時定数が狂っているとか、感度が高いとか?
クラシック音楽とかは分からないが、普通に聞き流すくらいなら問題ないかも。
チューニングメータなどは合ったし不快なポップ音も消えたので、ミュート回路は殺したまま、とりあえず使ってみてもらうことにした。

2017年3月21日火曜日

Windows10 エクスプローラが勝手に落ちる

「エクスプローラが勝手に落ちる現象」に昨年末あたりから悩まされた。
  • 開いていたウインドウが、突然すべて閉じてしまう
  • 二つのログインアカウントでどちらでも起きる
ネットで調べると色々試してみる手が出てきたが、確定的な情報では無い。
次の順にやってみた。
  1. イベントに対するサウンドの設定をオフにする
  2. デスクトップのスライドショーを停止する
  3. カスタムサイズ変更で倍率を125%にしてみた
  4. フォルダオプションの「履歴の取得」をオフ
  5. Conta の通知をオフ
  6. 通知機能をオフ
  7. ウィル対策ソフトをMcFee から カスペルスキー切り替えた
  8. netsh winsock reset を実行
フォルダ整理が終わって使用頻度が減ったこともあるが、最後のおまじないが効いたみたい。ただゼロになったわけでは無い。2017/1/15記

  1. ファイルの履歴をオフ
エクスプローラが勝手に落ちる現象は、フォルダのウィンドウが裏に隠れているときにも起きる。まだ完全解決していない。2017/03/02記

  • Zipファイル作成後、リネームするとエクスプローラが落ちる
  • リネームせず、一旦保存後リネームすると落ちないので、作業を続けていると、あてはまらなくなり頻発
  • 何もフォルダ操作していなくても勝手に落ちるようになった
ファイル整理の最中にエクスプローラが勝手に落ちる現象頻発。2017/03/08記

  1. フォルダーオプションの [ エクスプローラーで開く] を [ クイックアクセス ] から[ PC ] に変更
もしかしたら、「元に戻した」項目の中に解決策があって、組み合わせがあるのかもしれない。未解決。2017/03/21記

2017年3月10日金曜日

CADを使って、地籍図から面積

機械系CADを使って、多角形(この場合はスキャナで読み込んだ地籍図)の面積を求める。
CADは、アンドール製EasyDraw Ver19、スキャナはエプソンGT-S650。
「読み込んだ図形の寸法がCAD上と紙とでぴったし合わない」ことから原因を調べた。

【大まかな面積の算出手順】
  1. スキャナで地籍図を読み込む
  2. この時、スレッシュレベルを調整してモノクロ2値化して出力(*1)
    EasyDrawは、モノクロBMPしか読み込まない
  3. EasyDrawで、新規図面作成し画像を読み込む
  4. ポイントモードを「自由点」にして、線分で境界線をなぞる
  5. 最後はポイントモードを「自動点」にして起点へ結びポリゴンを閉じておく
  6. 計測メニューを「面積」にし、線分を指定して面積を出す
  7. 計測結果ウィンドウをSnippingToolで画像としてコピーしておく
【寸法(長さ)が一致しない原因】
  • DPIの意味と画像ファイルがBMPで無ければならない理由を考えずに、いつもの通りにやった事
  • EasyDrawに読み込んだ画像の縦横比調整があったので、数パーセント程度なら仕方ない事だろうと思い込んだこと
【注意事項】
  • スキャナの出力サイズをA4に指定すること
    画像にフィットさせるとNG(*2)
  • EasyDrawは、同じくA4サイズで作図し、画像を貼り付ける(*3)
    実際の紙の大きさではなくて、「出力サイズ」と「入力サイズ」を合わせる事(*4)
  • DPIを上げれば拡大したときの画像の分解能は高くなるが、読み込む図面の線の太さ以上に細かくしても、ファイル容量が増えるだけで精度が高くなるわけではない
【参考1】
  • (*1)グレースケールで読み込んでゴミを消したりしたら、作業終了後モノクロBMPへ変換する必要有り(EasyDrawはカラーBMPをはねる)
  • モノクロBMPへの変換は、Windows アクセサリのペイントを使用する
    [ファイル][名前をつけて保存][ファイルの種類]でモノクロBMPを選択して保存
  • EasyDrawの背景設定、白は線分が見えにくく、黒は地図画像が見にくい
    背景黒で、線色紫あたりか
  • スキャナで読み込む時に、方位とスケールを貼り付けておくと、より信頼度が上がる
  • 等倍ではなくて、EasyDrawに貼り付ける時点で図面サイズを変更すれば、自動的に拡大縮小も出来ることになる
【寸法(長さ)が一致しなかった原因】
  • (*2)スキャナに、画像の取り込み範囲を自動認識する機能がある
  • (*3)EasyDrawに、ビットマップ画像を領域長(図面サイズ)に自動的にフィットさせる機能がある
  • (*4)つまりA4図面に貼り付けるならば、スキャナから出力されるビットマップ画像も縦横の長さを合わせておかないとならない